医療法人 平和会 平和病院 heiwa hospital 電話番号:045-581-2211
トップ はじめに 院長の挨拶 当院概要 当院の基本理念 交通・アクセス 送迎サービス車
手続きのご案内
外来の手続き
入院の手続き
外来のご案内
内科
外科
整形外科
脊椎外科
形成外科
脳神経外科
眼科
婦人科
泌尿器科
皮膚科
リハビリテーション科
血液浄化センター
緩和ケア科
病院のご案内
一般病棟
医療療養病棟
緩和ケア病棟
検診のご案内
人間ドック
健康診断
通所部門
通所リハビリ
訪問部門
訪問診療
訪問リハビリテーション
関連施設
在宅支援センター「ひなたぼっこ」
その他
医療福祉相談室
地域医療連携室
診療実績
栄養課
看護部
薬剤科
スタッフ募集
お見舞いメール
病院だより
広報・院内掲示
当院紹介掲載誌
リンク
薬剤科 薬剤科についてご案内します。
すべての病棟に薬剤師が配置され、入院から退院までお薬のフォローをしています。
医師・看護師・栄養士・臨床心理士など他職種間の連携が良いのが当院の特徴です。
注射個人別セット
病棟ごとの注射カートに、患者様個人別に注射薬をセットしています。
注射薬セットの際には、配合変化をおこすものがないか、
点滴の速度や投与方法などをチェックしながら行います。
薬剤管理指導(服薬指導)
病棟担当制で、薬剤師が配置されています。
ベッドサイドに薬剤師が伺い、お薬の説明を行います。
また、患者さまの状態を見ながら、医師や看護師と薬の投与量の検討を行い薬物療法に関わります。
持参薬管理
入院と同時に、病棟で持参薬の確認を行います。
入院後も服用する場合は薬剤師がセットを行いフォローします。
TPN(中心静脈栄養)・抗がん剤混合(ミキシング)
無菌調剤室内のクリーンベンチで、注射の混合を行っています。
また、抗がん剤は安全キャビネットで調製を行います。
化学療法
抗がん剤の治療方針・薬剤の投与量を、医師と担当薬剤師が検討します。
化学療法を受ける患者さまには担当薬剤師が面談し、薬の効果や副作用の説明などを行います。
カンファレンス
病棟ごとに行われる『緩和ケアカンファレンス』や『病棟カンファレンス』にも薬剤師が参加し、他職種間で情報の共有を図ります。
薬剤師外来
・がん患者(がん化学療法についての説明)
・緩和ケア科(オピオイド導入時服薬指導)
・脊椎外科(術前休薬説明)
等を行っています。
TDM(治療的薬物モニタリング)
薬の中には、有効治療域が狭く副作用が重篤となるものがいくつかあります。
そのような薬は血中濃度測定を行うことにより適切な投与量かを判断することができます。
そのため、TDMが必要な薬が投与されている場合には血中濃度測定を積極的に医師に働きかけています。
学会発表
日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会・日本薬学会・日本緩和医療薬学会・日本緩和医療学会などに発表しています。
インドネシアで行われたAsian Association of Schools of Pharmacyで発表しました。
学生実習受け入れ ここをクリック
薬学生の実習の受け入れをしています。
薬学部が6年生になったことで、実習期間が2.5か月になりました。
薬学生には、病院でいろいろな業務を体験してもらいます。
当院には・日本薬剤師研修センター認定薬剤師4名・認定実務実習指導薬剤師3名・緩和薬物療法認定薬剤師1名・外来がん治療認定薬剤師1名・同術期管理チーム薬剤師2名・骨粗鬆症マネージャー2名・スポーツファーマシスト2名が在籍しています
 医療法人 平和会 平和病院 〒230-0017 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台29-1
TEL:045-581-2211 FAX:045-581-7651
  交通アクセス  送迎サービス車